お金を稼ぐにはどんな勉強が必要?収入アップの為の知識とは

更新日:

「勉強すればお金が稼げるようになる」というのは間違いない。なぜなら、お金を稼ぐには、努力が必要だからだ。あなたは、お金を稼ぐ努力をしているだろうか。もちろん、勉強するのも大事。実践するのはもっと大事。そういう努力なしに、「今よりももっとお金を稼ぐ」は叶わないのが普通。

ここでは、「お金を稼ぐにはどういう勉強をしたらいいだろう?」というのを、お金大好き人間の偏見を交えながら解説していく。

お金を稼ぐために勉強すべきこと

それは「お金の知識」ではない

たとえば、転職してもっと稼げるようになろうとしているのに、お金の知識を勉強して、何の役に立つだろうか。不思議なもので、「お金を稼ぐ」に限定すれば、お金の知識はそこまで必要じゃない。逆に言えば、稼ぎたいのに、お金の知識を学んだところで、遠回りになるということだ。

「お金の勉強をたくさんすればお金を稼げるようになる」と思っているなら、今すぐ考えを改めるべきだ。たくさんのお金の本、セミナー代などが無駄になるだけ。そのお金を運用すればどれくらいの資産になっていたか。そういう考え方ができてないなら、お金の勉強はやり直しだろう。

「読書は最高の投資だ」という、出版社のキャッチコピーみたいなものがあるが、僕は全く逆の考え方を持っている。無駄なお金を使うくらいなら、資産にしよう。本というものは、売るために作られているのだ。

稼ぐ手段によって勉強すべきことは違う

転職するなら転職先の業界について学ぶだろうし、資格を取るなら資格の勉強をするだろう。FXと株式投資でも勉強する内容は違うし、不動産投資だってそう。その他、せどりビジネス、ユーチューバー、ライブ配信、ネットショップ、飲食店経営などいろいろあるが、それぞれ畑が違うので、勉強すべきことは違う。

要は、「お金を稼ぎたいならこれを勉強しろ!」というものは、ないということ。強いて言えば、経済学くらい知っておいても損はしないかもしれないが(必要というわけではない)。

「仕事」でお金を稼ぐ場合

「経済学」は役に立たない?

僕は「需要が多くて供給が少ない仕事を選べば、高い給料狙えるんじゃ!?」なんて安易なことを考えたことがあるが、現実はそうじゃなかった。それに当てはまりそうな介護職、保育士あたりは、激務なのに薄給で有名。では、どんな仕事を選ぶようにすればいいのか?そんなこと、今の時代は調べればすぐにわかるじゃないか。

仕事で稼ぐには情報収集が大切

会社に入って働いて稼ぐ場合、「どんな仕事がいいのか、どんな業界がいいのか、どんな会社がいいのか、etc」を調べることが大切。それを「勉強」と言えばそうなのかもしれないが、そんなことはどうでもいい。同じ業種の他の会社に比べて給料や実際の待遇、離職率などの職場環境はどうなのかなどを調べる。自分の希望通り稼げそうな仕事を探す。妥協しない。

やるとしたら、資格系の勉強

弁護士になりたいなら、弁護士の資格を取るために勉強する。そういう感じ。自分がやりたい仕事をするのに資格が必要なら、勉強をする。その場合、それが「お金を稼ぐための勉強」になる。

勘違いしないでほしいのは、「お金にならない資格を勉強しても、無駄かもしれない」ということ。誰でも取れるような資格取って稼げるようになるの?という問題である。セールスマンがきれいに字を書く資格を取るよりも、セールスの勉強した方がいいよね?という話。

副業でお金を稼ぐ場合

何で稼ぐかによって全く違う

副業には様々な種類があるので、やはり「これを勉強すれば稼げる」という王道パターンなんて存在しない。どんな副業をするかで、勉強すべきことは全く違う。そして、世の中には「稼げる副業」と「稼げない副業」があるので、そこの見極めも大事になってくる。

情報収集と経験が大切

「実際に稼いでいる人はいつのか?」を調べることはまず大事。稼げそうな副業は、資金が掛からないように気を付けながら、「自分でも稼げるかどうか」をしっかり確認する必要もある(これが難しいんだが)。ダメなら、次にいく。できそうなら、そのジャンルで必要な知識をガッツリ身に付ける。

「自分でも稼げるか否か」の見極めは、難しい。「あとちょっとで稼げたのに」というレベルで撤退してしまうケースもあるからだ。
稼ぐには運も必要。その辺も含めて「運」ということなんだろうな。

怪しい副業には気を付けよう

お金だけ失うような危険な副業にはとにかく注意。事前の情報収集である程度は避けられる。「誰かが妙に勧誘してくる副業は基本的に危険」ということを覚えておくのも大事。危険な副業の代表格は、「ネットワークビジネス(マルチ商法)」かな。ちなみに、マルチ商法は合法。合法だけど、違法な勧誘してくる輩が多いのも特徴。あと、お金と人脈を失う危険性が高い。

余談:アフィリエイトで稼ぐ場合

僕がアフィリエイトで稼ぐために勉強したこと。

アフィリエイト業界の勉強

「どういう仕組みで稼げるのか?」「何を使ったら稼げるのか?」などの基本的なことは一通り勉強したつもり。ルールを知らないと、ゲームはできないでしょうという感覚に似ている。

SEOについて

アフィリエイトで稼ぐには、GoogleやYahooなどの検索結果で上位表示される必要がある。その為には「SEOの知識」が必要だった。本で学んだり、実際にいろんなサイトを研究したりして、勉強したし、今もしている。時代によってかなり変わる領域なので。

文章術の勉強

セールスのための文章術というよりも、わかりやすく伝える文章術を日々模索している。売る為に文章を書くのは苦手だし。ここは、勉強してもキリがない領域である。

書くジャンルについての勉強

アフィリエイトでは、「どんなジャンルを選ぶか」がかなり大事。ジャンル選びをしても、勉強不足だと書けることも少ないので、その辺は頑張って勉強する。

僕は「お金の勉強マニア」だったけど、仕事やアフィリエイトで稼ぐときには、お金の知識なんてほとんど役に立ってない気がする。お金の知識が役立つのは、資産運用くらいなのかも。あ、でも、税金の知識は確定申告の時に役立っているか。

>>お金の勉強の仕方7選!初心者向け!本やセミナーなどで学ぶ

-お金を稼ぐ勉強

Copyright© お金の勉強をしよう , 2018 All Rights Reserved.